福祉のICT・パソコンサポート、在宅就労支援

障がい者雇用支援

  • HOME »
  • 障がい者雇用支援

改正障害者雇用促進法に基づく「合理的配慮」

2016年4月、政府は改正障害者雇用促進法に基づく「障害者差別禁止指針」と「合理的配慮指針」を策定しました。
実際にこの意味、意義を理解している企業はどれだけあるのでしょうか。
特に「合理的配慮」、この意味をしっかり理解し実践している企業はほぼないと言えます。
なぜか・・・。一人一人の特性をしっかり把握し一人一人に合理的に配慮しなければいけないからです。
でも、それは当たり前のことなのです。
社員同士の会話・対話でも、コミュニケーションを図る場合には相手の性格や立場を自然に理解した上で口調や言葉を選びますよね。
相手が誰であろうと、コミュニケーションを図る場合、相手に合わせてコミュニケーションをとります。
最低限の「合理的配慮」です。

車イスを使った社員のために通路を広くする、トイレを使いやすくする、ループを作る・・・
弱視社員のためにはPC作業のモニターを大きくする、看板を大きく見やすくする・・・
難聴の社員とはチャットソフトを常駐させて筆談代わり使う、タブレットなどの機器を身近に置いておく・・・

などなど。これって、全部、社員全員が使いやすくなるツールや方法ではありませんか??
「合理的配慮」ってこういうことだと思うのです。

とはいえ、費用も嵩むし、社員への周知教育も必要です。
私たちはこれらをできる限り会社負担のないように各企業、業種にあった提案をさせていただきます。

お問い合わせはこちら TEL 050-3550-8701 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]
(メールでの受付は24時間対応)

PAGETOP
Copyright © (社)福祉情報技術サポートセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.